NPO法人 リ・ヴィッドのブログ

私はがんばらない。でもあきらめない。NPO法人リ・ヴィッドのブログです。
<< 乳がんに対する支持療法 | main | 第37回Re-vidセミナーのご案内 >>
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
0
    沢井先生「お別れ会」のご報告
    沢井先生「お別れ会」のご報告

    6月13日(日)午後2時より京都新聞 7階 文化ホールにて沢井先生のお別れ会を開催致しました。
    「雨男」の沢井先生らしく、外は雨(ピンクリボンの検診のときは沢井先生が来られるときに限っていつも雨。それもバケツをひっくり返したような大雨のこともありました)。そんな中、会場にはびっしりと人・人・人・・・皆様、ホントありがとうございました。
    祭壇には白い花のなかにひまわりを入れていただき、写真の沢井先生の笑顔を明るくとり巻いていました。3枚の沢井先生の写真。右は「酔っ払って上機嫌の沢井先生 昨年のピンクリボンの打ち上げでの写真です」そして真ん中「宝ヶ池のプリンスホテルで行ったピンクリボンのシンポジウムが終わってから、お酒がはいってまたまた上機嫌な沢井先生。2005年の秋です」そして左は「ダイエット前の沢井先生。7.8年前のセミナーでの写真です」沢井先生は黒丸先生おススメの「ブックスダイエット」をして10キロ程減量されたんですよ。「見て見て!30年前のスーツが入るようになってん。すごいやろ〜(^^)v」って自慢げに言われたのを昨日ことのように思い出します。
    お別れ会は涙のなかにも笑いがあって、患者さんからは「今日、参加できてホントによかった」「これからは自分の命も大切にしながら、少しでも人の役に立てるようにがんばろうって思ったわ」というお言葉を頂きました。
    弔辞を頂くなかで沢井先生の人柄や思い出を「偲ぶ」ことと同時に、患者さんには今後の不安を少しでも和らげていただける会にしたいと考えていました。今後の沢井診療所の体制について、足立病院の畑山院長からお話して頂き、沢井先生が作り上げた沢井診療所だからこそ、存続させていきたい。沢井先生の遺志を継いでいけるように体制作りをしていきたい。というお言葉を頂きました。沢井先生が一人でしてきたことを、一人の先生ですると、また倒れてしまうことになる。だから「チーム沢井」としていろんな医療従事者が寄り添って患者さんを支えていきたい。そんな言葉も頂きました。もちろん、リ・ヴィッドもお手伝いできればと思っています。沢井先生が大好きだったリ・ヴィッドなんですから・・・。
    子供がそのまま大きくなったような純粋は部分と、医師としての大きな理念をもって突き進むバイタリティーをもったチャーミングな沢井先生の姿を見ることはもうできないけれど、おおきな宿題をいっぱい置いていってくれはったお蔭で(?)しばらく泣いてる余裕はなさそうです。がんばらんと、毎晩枕元に立たれそうですからね。あっはっはっはっ(^^)

    | 事務局からのおしらせ | 11:09 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    いつもお世話になります。初めてホームページ見せて頂きました。沢井先生のお別れ会の記事を感慨深く拝見しています。
    リビッドさんのご紹介で沢井先生と出会いお世話になりました。
    手術から丁度一年になります。
    一年前、病院のベッドの中でした。一年後にこんな事になるとは想像もしませんでした。
    でもお陰さまで今は元気です。
    皆さんにありがとうと言いたいです。
    | 小林美千子 | 2010/07/10 12:35 AM |










    http://blog.npo-re-vid.com/trackback/1281084
    NEW ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    このページの先頭へ